/ 15ページ

恋の始まり(親就)

(1/3ページ)

恋の始まり(親就)


違うよ。

そんなんじゃない。

でもなんだろう、、

この感情は。


恋の始まり

「なぁ、元就。じゃんけんしようぜ。」
「は?」

この男の一言からはじまった。

「だから、じゃんけん。」
「意味分からぬ。細かく説明しろ。」
「んーと、グーがチョキに強くt「そんなこと聞いておらぬ。何故じゃんけんなどしなくてはならぬのだ。」

こやつは馬鹿か。いや、阿呆だな。

「ああ、なんでって、、じゃんけんしたかったから。」
「そんなものしてどうする。」

やはり阿呆だ。
考えていることが幼稚だ。

「いやいや、負けたほうが勝ったほうの言うことを聞くみたいなのがやりたくて。」
「、、他の奴とやれ。我はやらぬ。」

くだらぬ。
何故そんなことしなくてはならぬのだ。

「もしかして、、負けるのが怖いのか?ニヤ」
「、、いいだろう。やってやる。あ、」

しまった、、奴にはめられた!

「じゃあ一本勝負なー」
「、、。」
「じゃーんけーんぽん!」

元親→パー
元就→グー


「やりぃ♪」
「くっ、、我が負けるだと、、。」
「さあ、言うことを聞いてもらうかな。ニヤ」

なんだ、焼きそばパン買ってこいというのか。ジ〇ンプも買えというのか。我には出来ぬ!
 
 
 
「、、キス、してくれ」



ーーーはぁ?



「き、貴様は何を言うておる!////」

ありえぬ!
男同士等、、だが、、。
抵抗を感じないのは何故、だ?

「わ、かった。」

そっと元親に近づき触れるだけのキスをした。
元親は驚いていた。まさかしてくれるとは思わなかったのだろう。

「一回だけだ!」
「お、おう。」

元就はこのふわっとした新しい感情が恋だと気付くのはまだ先のこと、、。





end

→オマケ?&後書き

/ 15ページ

恋の始まり(親就)

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛