/ 62ページ

おわりはじまり

(1/3ページ)

おわりはじまり

ふと顔を上げた。


からすが一匹…

跳ねるように、右へ左へ。


黒い自慢の羽根が朝日に照らされて、瑠璃色に輝く…


「お前、綺麗だな…」

カラスは一声鳴くと不意に飛び立った。
不満げなのか、得意げなのか。
俺には知る術もない。


辺りでは徐々に街が息を吹き返していく。

喧騒が日常を引き連れて、戻ってきた。また日々が始まったんだ。


酒でガンガンする頭を抱えながら、
西口の改札に向かう。

いつも通りに地元行きの切符を買おうとして、
ふと気付く。


ああ、もう居場所はない…。君は、いないんだと。



そして池袋のゴミ置場のネットで寝ていたわけを思い出す。



楽に死にたかった。

/ 62ページ

おわりはじまり

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

1

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛