/ 60ページ

命の温度

(1/8ページ)

命の温度


部屋に取り残されたあたしは粗大ゴミ。温もりがあたしの手首から流れてく。ベランダから眺める烏さん。
あたしが死んだらどうか、骨も残さず食べておくれ。

BEATLESのコレクション集を大音量で聞きながら、最近買ったソファにもなるセミダブルのベッドにもたれて、どうやって死のうかしら。って、手首に不細工な刺青を刻みながら悩むあたし。
そこから滲み出る液体をじっと見つめた。

8万円もしたセミダブルベッドをソファの形にする事は、結局一度もなかった。

真夏の38℃の日に、あたしは負けない様エアコンの暖房を付けたのだけれど、28℃までしか上がらなくて。
あたしは舌打ちをして、リモコンを勢い良く投げた。が、電池が弾け飛んだだけで大したダメージはない様。

ストーブからも28℃の炎をチリチリと放たせて、此所があたしが頭の中で描く地獄になる様神様に祈った。
少しばかりの時間が経ってストーブの辺りを見ると、空気が歪んで見えた気がした。
もしかして今って、外よりも暑いんじゃねぇの?

あたしは何故か勝ち誇った気分になった。




あー










暑い。



体中から溢れる汗。

舐めてみたら海のそれだった。

/ 60ページ

命の温度

(2/8ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|