/ 15ページ

機械仕掛けのアイデンティティ

(1/4ページ)

機械仕掛けのアイデンティティ

・リクエストして下さった方
『△緋影△』さん。

・リクエストテーマ
『機械少女』

――アイデンティティの確立。
ソレはわたし達にとって必要不可欠だと、誰かが言った。
誰だろう。多分、わたし達を造った誰かだ。
「アイデンティティ……存在意義……」
ソレを求めるように、呟いた。
同時に、確かにソレは必要だな、と思う。
機会仕掛けの身体のわたし達は、何にでも成れるから。
ナニカの形を求められたなら、その形に身体を造り直せば良い。
ナニカの人格を求められたなら、その人格を定義すれば良い。
機会仕掛けのわたし達は、どんなモノにでも成ることが出来る。
でもソレは、アイデンティティあってこそだ。
どんなモノに成れようと、何に成れば良いのか分からない以上、何にでも成れるわたしは、しかし何でもないナニカでしかない。
「わたしは……」
わたしは、何だろう。わたしのアイデンティティは、何だろう。
機械はそもそも、造られるだけの理由があるはず。じゃあ、わたしのアイデンティティは……
「…………あ」
ふと、記憶が鮮明になる。
そうだ。わたしは確か、わたしのアイデンティティを確立させた人達に、棄てられたのではなかったか。
その相手が誰だったのか、わたしに何の役割があったのかは覚えてないけど――今の外見年齢が10歳前後だから、多分養子として買われたのだと思うけど――彼らに棄てられたから、わたしはこんなに、冷たい雨の中で立ち尽くしてるんじゃないか。
「……困った」
アイデンティティの確立が必要だけど、ソレはわたしが定義できる事じゃない。
だからわたしは、こうやって雨の中立ち尽くして……ずっとずっと、動かないで――



「――キミ、そんな所に立ってたら風邪引くんじゃない?」



――不意に掛けられたその声は、とても温かいものだったような気がする。

/ 15ページ

機械仕掛けのアイデンティティ

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|その他