/ 104ページ

(1/11ページ)

「やだっ、やめてください…!!」

 奏枝(カナエ)の部活顧問の高校教師が詰め寄ってくれば、奏枝は震えながらも気丈に言った。

 ブー、ブー

 さっきから奏枝の携帯が振動しているが、それどころではない。

 本当はすぐにでも出て、助けを求めたいが、教師との距離はそれが許されるほどなかった。

「ぃゃ……」

 奏枝の声がしぼんできた。

「…大丈夫だよ」

 中年教師はいやらしく笑い奏枝との距離をなくしていく。

 ブー、ブー、プッ…

「やっ、来ないでっ、触らないで…」

「静かにしなさい!!」

「ん゙っ」

 教師は手で奏枝の口を押さえ付けた。

 奏枝は息が出来なくてもがくが教師が手をどける様子はない。

 ブー、ブー

「うるさいな」

 教師が奏枝のスカートのポケットをまさぐりはじめる。

 奏枝の太ももに、生々しいその感触が伝わってきて、気持ち悪さに血の気が引いた。

「んんーっ」

「騒ぐな」

 携帯がポケットから取り出され、奏枝は一瞬、不快感から解放された。

/ 104ページ

(2/11ページ)

みんなが送ったスター数

13

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛