/ 102ページ

第一章~魔法使いの旅立ち~

(1/4ページ)

第一章~魔法使いの旅立ち~

始まりの朝

『立ち上がれ…』声が聞こえてくる。
『立ち上がれ…立ち上がれ…麻地』これは…夢か…。立ち上がれってなんだ…?


「…ちゃん…いちゃん…お兄ちゃん…」激しい地震が僕を襲っている。
麻「あと…5年…」このまま起きるのも嫌なので反抗してみる。
「そっか…じゃあ今から5年間眠らせてあげるね?」見ては、いないが笑顔で云っているに違いない。
「…この者に安らぎを…」ん?何かぶつぶつ云っているな…
麻「…僕が悪かった…」危うく5年間眠りっぱなしにさせられるところだった…。
「わかればよろしい」そう云って微笑んでいるのは、僕の妹で『早日羽 美優(はやかわみゆう)』だ。
美「朝ごはん出来てるからねお兄ちゃん」僕らには、両親がいない…親戚もいない…。つまり血が繋がった人がいないんだ。
さらに正確に云うと美優とも血が繋がっていない…義兄弟ってやつだ。

/ 102ページ

第一章~魔法使いの旅立ち~

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|