/ 158ページ

(1/5ページ)

頭上を武田騎馬隊が次々と駆け抜けていく。三方が原に武田軍を迎え討ち、さんざんに打ち負かされ味方は大敗、三郎右衛門は足軽として徳川軍に参加したが、もはや徳川本隊の姿はなく、地面にうつぶせになり騎馬隊が通りすぎるのを待っていた。武田軍は三郎右衛門のような足軽は眼中になく勝どきをあげながら西の方角へ進軍していった。

/ 158ページ

(2/5ページ)

みんなが送ったスター数

2

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|歴史・時代