/ 19ページ

『使命』

(1/7ページ)

『使命』

俺は常に考えている。

『アイツ』に、いかにして勝つか。
をだ。

理由は色々あるが、腹立たしいのが一番だったりする。

だいたい、昔はもっと可愛げあったぞ。
昔の純情はどうした。
純情はよー。



そんなしょうもない事をこの男『神谷律』は考えていた。

『神谷律』という男はそれは果てしないおバカだ。

更に言えば、ひ弱で、女顔で、情けない。

お前本当に主人公か?

と問いたいくらいの、駄目っぷりだったりする。

まぁ、それもご愛顧という事にしておいて欲しい。

…して下さい。



「見つけた!」

律は叫んだ。

眼はランランと輝いている。

「これで確実に勝てる!」

イェーイと右手の拳をを天に掲げ、ジャンプしている。

まるで、夕日に向かうがごとく。

…バカだ。

「あ~…誰か聞いてくれないかな~。」

一人言のようだ。

「…聞いて欲しいな~。」

可哀想な奴だ。
友達、いないのか。

「ってか聞けー!!!」

律は、ガッと『俺』を掴んだ。

/ 19ページ

『使命』

(2/7ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー