/ 16ページ

パステル・グリーン

(1/16ページ)

パステル・グリーン

少年が目を開けると、そこは一面パステル・グリーンの野原だった。
 
空はどこまでも澄んだ勿忘草色。
周囲は名も知らぬ、それでいてありふれた木々に囲まれている。
 
初夏の少し湿った風が、寝転がる少年の鼻先を、額を、撫でるように吹き抜け、同時に無数のクローバーの絨毯を揺らした。
微かに草の匂いのする涼やかな風だ。
 
少年はここがどこであるのか、どのようにしてここに辿り着いたのか、全く覚えていなかった。
 
唯一覚えているのは、大切な人に四つ葉のクローバーを渡す約束をした事だけである。

/ 16ページ

パステル・グリーン

(2/16ページ)

みんなが送ったスター数

22

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ