/ 29ページ

生い立ち

(1/2ページ)

生い立ち

まず始めにこの小説を書くきっかけは地元にあった西方藩主の墓所()でした。彼の事を調べていくと非常に波乱な人生であったことが興味深いです。

1559年、武蔵国の天神山城城主・藤田重利の次男として生まれる。幼名・弥六郎。
藤田氏は武蔵北西部に勢力があり、滝山城主の大石氏とも姻戚関係にあった。時の関東管領・山内上杉氏に従っていた。しかし1546年ある事件が勃発する…

/ 29ページ

生い立ち

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

22

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|歴史・時代