/ 2ページ

第一話『俺の名前を呼んでみろ

(1/2ページ)

第一話『俺の名前を呼んでみろ

俺の名前は……

俺の名前は…まぁみんな適当に考えて呼んでくれ
ちなみにピッチ②(死語)の18歳で何でも屋みたいな事をやっている

今日もいきなり上司から電話があった。

上司『おぅ、弟子俺だ

俺『俺だじゃないですよどうしたんです?依頼ですか?』

エセ大阪人上司『せやいきなしやけど今から富士まで行ってくれへんか…足はこっちで用意するさかい

俺『なぜにいきなし関西弁?しかも何げにフレンドリー
まぁいいですけどどんな依頼ですか?』

ダメ上司『まぁ軽ーく破滅主義をうたってる宗教団体を潰してぇ
ちなみに生け贄とか使ったなんや怪しい儀式とか用心棒のテロリストとかもおるらしいからそれもついでにな

俺『ちょぉま…それ全然軽く…プチツーツーツー
………………
あんのクソ上司帰ったら殺す

ふと気付けばすでに人がいた

男『こちらをつかってください

俺『ってか大型バイクの免許なんてもってないよ、原チャリにしか乗ったことないぞ
と言いつつ振り向けばもうすでにいねぇ
このまま逃げちまおうか…最近本気で思う…


さすが大型バイクだけあって時速120キロ近くだせる
最もそんなスピードで走ったため警察に追われるはめになる…

俺『俺を捕まえるなんて100年はえぇぇぇぇ


あっさり捕まりました。ごめんなさい調子に乗ってましたm(__)m

上司に電話して事情を説明してもらい開放してもらう……

予定だったが
あのバカ昼間っから飲み屋のねーちゃんと遊びに行ったらしい…帰ったらお仕置きだ

とりあえず留置所で一夜を過ごす……

…第二話へと続く

/ 2ページ

第一話『俺の名前を呼んでみろ

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|