/ 110ページ

序章…俺の日常

(1/6ページ)

序章…俺の日常

『所長、起きてください。』


ソファーで気持ち良く寝ている俺を…秘書の冴子が揺する。

俺は起きるのが面倒臭く…狸寝入りを決めこんでいた。

『ふ~ん、起きないんだ?』

なんか…雲行きが……

『今日は暑いから脱いじゃおっかな?』

少し後に、服を脱ぐ…きぬ擦れの音がした。

俺は態勢を変え、半目を開け見ようとした。

その俺の目の前に…冴子の顔があった。


『所長!起きているじゃないですか!お仕事ですよ!』

やられた、俺の性格を読んでいやがる…


『さ、所長、早く目を醒ましてください』


俺は面倒臭げに起きた。


俺の名前は夢幻恭二…表の顔は探偵だ。


ここ春海市中央区で、探偵を生業として生活している。


あくまでも表の顔だがな。


『で、今日の依頼は?』

俺は助手の冴子に聞いた。

彼女は有能な助手で、しかも美人だ。

一時、一部上場している総合商社に在籍していたんだが…

今は何故か俺の事務所に居る。


『はい、三丁目の田中さんの猫が…』


『………………………』

俺は沈黙した。

/ 110ページ

序章…俺の日常

(2/6ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|SF