/ 6ページ

死神の花嫁2.5~キスキスキ?~

(1/6ページ)

死神の花嫁2.5~キスキスキ?~

仕事が終わり、本日のノルマ達成のチェックリストをエンカリーナさんへ提出。

そうして、深い溜め息をつきマントを脱いだ。

「どうした、ガザ」

エンカリーナさんが心配そうな表情で「顔色が悪い。目の下にもクマが出来ている。寝不足か?」

さすがに『全死神(みんな)の姉御』を自称するだけあって、鋭い。

「昨夜、急に呼び出しが掛かって、仕事する羽目になったので」

「あぁ」俺のセリフに、彼女は少し哀しい表情になり「人間界の大型旅客機の墜落事故で、大量の死者が出た件か」

そう。

乗客・乗務員が全て死亡してしまった事故だった。

でも、それでも、本来、俺は呼び出されるはずではなかった。

「最近、妙な動きがあるようだ」

エンカリーナさんが独り言のように呟く。

「『死者目録』の人数が、急激に増えているような気がする。予定人数がいつの間にか割り増しにされている、っていうのか。そんな感じ」

「ええ。俺も感じます」

しかし、『死者目録』をいじることなど、『ただの死神』に出来るはずなどない。

生死を司る神聖な代物、修正をかけるには、それ相応の代償を必要とする。

…マリィ達のように。

いや、あれって、『代償』じゃないよな。どう考えても、あいつにとっちゃ『幸運』じゃないか。

愛しい幼馴染のふんわりとした笑顔を思い出し、そして、恋敵であるあいつのヘラリとした笑い顔を思い出すと、自然と拳に力が入った。

前田 啓(まえだ けい)、許すまじ!

「ガザ」

エンカリーナさんの呆れたような声に、ハッと我に返った。

いかんいかん、冷静になれ、俺。

「また『愛しのマリィ』のことでも考えていたのだろう」

う。鋭い。

「そんなに惚れているなら、力尽くで奪えばいい。分としては、お前の方があるんだ」

ニヤリと笑って見せる様は、悪女。

/ 6ページ

死神の花嫁2.5~キスキスキ?~

(2/6ページ)

みんなが送ったスター数

6

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|