/ 4ページ

それは突然に

(1/4ページ)

それは突然に

静かな夜だった。

クリスマスも終わり、町はお正月までのしばしの休みをとっているようだった。

希紗子が曇った窓ガラスを手で拭いて外を見ると、クリスマスには降らなかったくせに雪が降っていた。

母さんはもう寝てしまっただろう。

ほぅ、とため息をもらすと、窓ガラスは再び白く曇り何も見せなくなった。

時計を見ると、もう十二時をとっくにまわっている。
父さんはまだ帰ってきていなかった。

またどこかの居酒屋で飲んだくれているのだろう。

会社をリストラされてから、父さんは毎日そんな調子だった。

それにしても今日は特別遅い。いつもはもう十時くらいには帰ってきているはずなのに。

希紗子は父さんに帰ってきてほしいと思う反面、帰ってきていないことにどこかほっとしていた。

父さんはもう昔の優しかった父さんではなくなっている。どうせ帰ってきても、母さんと口ゲンカをして寝るだけだ。

そんな諦めが、心の中にあったからかもしれない。

希紗子はなんだかやるせない気分になった。

家にいるのが辛かった。

コートをはおり、ふらりと外へ出た。

雪は静かに、しんしんと降り続けていた。

今夜は特別冷え込んでいるようだ。

/ 4ページ

それは突然に

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛