/ 5ページ

第一冊 【一人(独り)の女性】

(1/1ページ)

第一冊 【一人(独り)の女性】

店に一人の女性が現れた。
年齢は三十代後半といった所か


女性
[ここは、、、?]

東雲
『ようこそ在り来たり堂へ
歓迎いたします、お客様。』


女性
[在り、、来たり、、堂?]


東雲
『左様で御座います。
何かお探しでしょうか?
先ずはこちらのコーヒーとミルクをどうぞ』


「おい!そのコーヒー
飲まない方がいいぞ!」


女性
[?、、
あちらの方は?]


東雲
『只の暇人です、
お気になさらず。
ささ、お召し上がりください。』

背後で只の暇人と呼ばれた女性が怒っている。
年齢は16歳ぐらいだろうか?
綺麗な和服を身に纏っている。


ゴクゴク

只の暇人と呼ばれた女性
「飲みやがった、、」
東雲
「空(くう)黙ってなさい。」



、、







、、、








女性
[美味しい!]


空「そうそう不味いだろ、、、

ってハァ!?』
東雲
『どうです空?あなたにこのコーヒーの味は一生わかりませんね。』


「うるさい、ジジィ!あんた平気なのか?」
女性
[?、、美味しかったですけど?]


「まじか!?
ラ○ウとケン○ロウがひたすらバトルしてて飲んだら天に召される様な、
このいい仕事してないコーヒーが美味いとは、、」

東雲
『空、
ヒドイです(泣)わたくしがどれだけ、云々』

また東雲は別世界に行ったようだ。

/ 5ページ

第一冊 【一人(独り)の女性】

(1/1ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|