/ 29ページ

現在の立ち位置

(3/20ページ)

さらに俺の不幸は重なる。



両親が死んだ。



俺と妹を残して。



だから俺は放課後に夜遅くまでバイトをして妹を養っている。妹が行きたい学校に行けるように。



そんな事からか、オレは髪を伸ばし始めた。学校では顔を隠し、バイトでは髪を束ね整えて別人として働いた。バイト先の人たちとはかなり仲がいい。



まぁ、今のオレはこんな感じだ。



ちなみに風夜ラヴァーズは人数が増えて現在5人。もっと増えるだろうが…な。













「ふぁ…ねむ」



朝遅刻ギリギリに登校し、席につく。



「よう!!今日も眠そうだな!!」



こいつはオレの一応の友達。名前は宮田 健(けん)だ。頭は弱くて鬱陶しい。それしかこいつの説明はいらん。



「どうした健。細切れにして市場に並びたいか?」



「ひぃぃ!?今日は一段と不機嫌でいらっしゃる!?」



「…まぁな。」



当然だ。あのハーレムがまず最初に目に入ってしまったからな。

/ 29ページ

現在の立ち位置

(3/20ページ)

みんなが送ったスター数

26

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛