エブリスタ

「探偵助手の日常<改>」シリーズ一覧

説明

王道の推理小説に、美味しいもののエッセンスを加えたら、
「あと一口が止まらない」ミステリができました。

カッコいいけれど元厨二な探偵と、美味しいものに目がない高校生の助手。

彼らは日常的に事件に接しています。
短編は、より日常色が強いです
探偵らしい華やかな『解決ショー』とは異なる、日常。
二人の会話から、あっさりと導かれる答えに、時には驚かれるかもしれません。

<イラストレーター:クロ子さん>


<短編>
本日のおやつはさつま芋パイです/完結

<長編>
荒城の桜 殺人事件/完結 おまけ、サポーター特典追加中




<作品スタイル>

☆ご当地ブランディングを目的としたミステリです
……トラベル・ミステリではありませんが、地域に魅力を感じていただけると嬉しいです。

☆動機は追いません
……最大の謎は、人の心です。読む人によって、印象も受け取り方も様々と存じます。想像していただくことで、物語は完成します。

☆勧善懲悪ではありません
……人は100%善だけの人や、悪だけの人はいないという考えのもとで書いています。


<注意>

・実在の街並み、お菓子、車などを織り込んでいますが、全ての個人・団体等とは関係がありません。

・美味しいものを丁寧に書いているので、お腹が空いているときに読むと、お腹が切なくなる場合がありますが、悪しからずご了承ください。

・本作の影響で特定の地域に行きたくなると言う報告がございます。是非、足を運んでください。よいところです。