教科書
カナメがお話を書く上で教科書にするつもりのお話。
0PV

作品 25作品

火炎淫

ホラー 完結 過激表現
3時間20分 (119,863文字)
カナメ モトイ
地獄を書くときは、地獄で書け
カナメ モトイ
ジャンルが、「歴史・時代」だったから、 読めるかな……難しいかな……と思って開いたけれど、読んで大正解。 (いわゆる「作者買い」みたいな感覚で読んだ) 戦争のお話しは読後に無力感で胸が苦しくなる事が
カナメ モトイ
障害があるということは「個人に障害がある」 という意味ではなく 「社会生活を行う上で障害が多い」という意味だと思いたい。 そして、社会のほうが歩み寄って、余力のある人間が行動に移せるといい。 「出
カナメ モトイ
最後に行き着くまで息つけない。 すーーーっと進んでいくのに引き込まれる。 音もきれい。言葉の並びもきれい。 ほんとうにすき。
カナメ モトイ
正しい愛し方を知らないのは、だれが悪いの。 そのひとにとって、なにがいちばんつらいの。 親と子は、おなじような人生を辿るの。 愛って、なに。 罪って、なに。 無知は罪ですか。 るたおさんの短編に

この作品は非公開になりました

カナメ モトイ
どれだけたくさんお話しを作っても、言葉を紡いでも、こういう大切なことを忘れてはいけない。 だれかの作ってくれたお話しで、だれかが紡いでくれた言葉で、息をついて、命を繋いできたことを、忘れてはいけない
カナメ モトイ
流れるような美しい情景描写に、夕焼けもキッチンもシーグラスも登場人物も全部、自然と浮かんでくる。 重苦しくなってもおかしくない内容を、心理描写にほとんど頼らずに、こんなにも読後を切なくも優しい形でまと