🔖夢と虹掲載作品part.3(新作系)感想つき
https://estar.jp/novels/25528132 こちらの一言感想掲載作品
30作品・0PV
『あの子がいなくなった』応募作品。 ミステリーのほうが近いのかな?あの子がいなくなったと言われ、あの子って?からの第一の謎が解け、いなくなった真相がわかるというストーリー。 全体にほのぼのしていて何だ
これは怖い!無限ループの予感。 私は電車は使っていないけれど、都心の人とかこれ読んだらイケメン、美女の存在確認しそう。でも、無断で触って実態があったらお巡りさんに捕まってしまうので注意ですぞ! ほんと
なんとも不思議なことに萌えます。愛を感じてしまったお話。 猟奇的な愛とはこんな感じなのだろうか? 終わりはなんとも儚く悲しい物語なのに、永遠に自分のものにしてしまったかのような不思議な感覚に陥ります。
冒頭からオカメインコの描写、街並みなど風景描写がとても鮮やかで素敵。 特殊なお仕事をする鳥。主人との出逢いの暖かいエピソード。挿絵のインコがとても可愛らしく心が温まるような展開から始まっていきます。あ
自分をずっと支えてくれたのは、大切な親友でした。 幼いころ施設にあづけられた一人の少女の心の傷は大人になるまでずっと心を支配してきた。どんな親でも子供にとっては唯一無二。どんなに理不尽でも親が悪いとは
私はこう予想しました「私たち結婚しました!」 なんの話だ、というわけで。これはとても興味深い物語です。 まるで心理テストのようだ。内容が単純に知りたいタイプの人は好奇心旺盛ではあるけれど想像力が欠如し
号泣作品。この作品に触れて一番思ったことは産まれてくる子供は親を選べないということ。子供は一人では生きられない、自分に出来る精一杯で守りたいものを守る。しかしそのことが大切な人を傷つける行為になってし
淡い恋と子供な純粋さ、子供らしさが作品を彩る素敵な作品。 作中の彩りも豊か。青空、夕暮れ、季節の移り変わりのように少年が成長していく様子が物語から伺うことができます。主人公の心理描写、心の移り変わりが
これは怖いわ!パニック系のホラー。何故”僕”が主人公だったのか?は最後まで読むとわかります。それはね…僕○○、■○■○○○○。○からです。(■は漢字だよ!)子供の好奇心がどれだけ危険か?警告していると
大変だなー。この二人はw前回は唇奪われたと思ったら彼女も奪われましたよ。この彼女奪われたら私もちょっと辛いですね。恐らくみんな辛いんじゃないかと。万民共通の愛憎劇?!渡鬼(わたおに)の視聴率越えますよ
コンテスト「ゲーム」作品かと思ったら違ったwこれは面白いですね、着想が。この手の物が世の中にはたくさん出ていることから、人気があるのが分かる。では、何故人気があるのか?といえば、今と違う人生を体験して
前作の三作品を読んだことがないのですが、これはめっちゃ萌えますね。 あらすじ部分に丁寧なあらすじがありますのでそちらを読んでから読むと前作を読んでいなくとも状況は分かりまが、ぜひとも一作目からお読みい
名前の呼び方に爆笑しました。名前って大切だなって思った。呼び方一つでイメージががらりと変わる。人が人を警戒する時、そして警戒を解く時とはどんな行動になるのか?何気ないシーンなのかもしれないがそんな事を
辛い記憶と懺悔の話。社会問題が盛り込まれている。どんなに文明が発展しようとも人間の意識と言うのは変わらないものなのかな?と考えてしまう。性犯罪は一向になくならないし、男女差別もジェンダー差別もなくなり
勝手に深読みしてしまったが、まさか母流れ弾で?ブラックジョークなのかな?と、思ったのですが。 「あのこがいなくなった」応募作品。作品だけでなく母もいなく…。 ん?もしかしたらあの人もいなくなったと受け
いろんなジャンルの作品を手がける蒼玉様、今回はミステリー!楽しみにしておりました。難解事件の犯人を追いかける系ではなく頭脳系。シャーロックホームズのように鮮やかに、観察眼にて解き明かす。 事件ものとい
ネーミングセンスが秀逸w大家の口癖は呪文のようであるw 前半は笑いで進んでいくが段々ホラーになって凍ったかと思ったら融けてゆく。謎もね。全体的に登場人物が個性的で面白く、知らない人もいつの間にか友達に
これはミステリー要素もあって面白い。 大人と子供の違いについて改めて気付かされる。どうして大人は確かに子供時代を経験したはずなのにその頃の気持ちを忘れてしまうのだろうか? 存在とは自分にとって確認でき
とても切ない話。愛する人との関係もだけれど、届かない想いを抱えたまま別の愛を紡ぐのか。なんとも言い難い気持ちになる。 月はきれいなままだけれど、まるで月の満ち欠けのように主人公の想いが揺らいだ結果なの

この作品は非公開になりました

ちょッ!始まりからもしかしてこれは?!と思うような展開にわくわくする。私は変態か?!これは…かなり興ふ…もとい緊張が走ります。 これ、読んでいくうちに”ああ、なるほど”となる伏線があり、笑いから監視…
(誤動作で過激表現がついているそうです。エブリスタあるある!) 凄く切なさを感じる世界。何かに凄く状況が似ているなと思った。例えばそれは、テレビの向こう側。エブリスタで例えるなら、ゲストとクリエイター
テーマは『月』 最初の場面から、こういう気持ちわかるという何気ない、誰でも体験したことのある日常の一コマから始まるので主人公の気持ちに入っていき易い。だが、突然日常は非日常へ変わる。”凄いな、まるで映
物語の入り方が凄く秀逸だなと思う。まだ数作品しか閲読させていただいたことがありませんが、微妙な心情の表し方も上手い。 これはかなり深い物語。もしこういうことを体験している人がいるなら本人の気持ちを一番
昨日地上波初のある転生する物語をやっていたんですよね。映画です。あまり言うと作品のネタバレになるので言えないのですが。 あれがふと浮かび、この主人公はそうなのかな?その目線なのかな?と思いながら読んで
https://estar.jp/novels/25504768 こちら「絹のような心」の続編。 これは、正直壮絶な話です。 愚を産み出すのは結局、愚。ニュースなどを観ると自分勝手な犯罪者が蔓延って
ごめんなさい、これ振った女の人の気持ち凄くわかるw わたしでもこの男は振るなあ。だって自分が何処が悪いのかまずわかってない。だから治らないし、謝られたいわけではなくそこに気づいて欲しいんだよね。なんか
もう、手紙部門で大賞でお願いします。これ辛いわ。号泣作品です。 どちらかというと、息子の気持ちに共感しました。親に愛されているのか?はかる法方なんてきっとない。主人公の選択をじっと見守る前半、真実を知
これは!すぐに意図は分かったものの期待を裏切られる感がたまらない。上手い。 物語よりも、主人公がすでにホラー! いやでも、こういう人ってたくさんいると思うんだよね。人ごとに対しての人の対応は様々だ。親