my thing
「my thing」は、「お気に入り」という意味。エブリスタで拝読している、特にお気に入りの作品をリストにいたしました。
0PV

作品 11作品

うちふじ
かわいい・・・ひたすら、かわいい、ラブリー、ハートウォーミング・・・な、お話です。文章が簡単・・・と思うのは間違いで、実力のない人に、こんな簡潔な文章は書けません。さすがです。作者の温かな作風が、遺憾
うちふじ
ストーリーもさることながら(常に続きが気になる!)、登場人物が魅力的だと思います。普通の学生、先生たち・・・のはずなのに、なぜだろう。そこが、作者の腕前なんでしょうね。怖いシーンもありますが、くすりと
うちふじ
世界観のオリジナリティでは、私の中ではトップです。描写も、かなりリアルなところがあり、筆力の高さが本当に羨ましい。タイトル=お話のテーマだと思うのですが、その表現の仕方が控えめすぎず、押し出しすぎず、
うちふじ
登場人物が魅力的すぎる・・・。描写に手抜きがいっさいないと言いますか、さりげない仕草や挙動、心の揺れ動きまで丁寧に書かれているので、だんだん、主人公とヒロインが、現実に生きている生身の人間に見えてくる
うちふじ
なんというか、もう、すべてにおいて脱帽の作品です。作者が博識で、文章力があって、構成も完璧で・・・純文学のお手本みたいだなと思います。
うちふじ
こういう作品、大好きです。後半の展開・・・あんなの思い付いて書ける人、たぶん、哀村さん以外いないのでは?と思います。発想力の偉大さを思い知らせてくれる作品です。
うちふじ
少女とともにおじさん(27歳)が、科学で説明できない現象の謎解きに挑むミステリー系ホラーです。有能すぎる少女と、ちょっと頼りない感じのおじさんのコンビが素敵! 構成がとてもしっかりしていて、場面の描写
うちふじ
ホラーも好きな私ですが、その対極に位置するような、弾けて笑える作品も大好物です。鈴木・・・最強無敵すぎる・・・それはもう、笑ってしまうほどに! さまざまな事件を解決する鈴木ですが、解決方法がいつも予想
うちふじ
かわいらしい、蜂の六人姉妹の物語。花と対話する姉妹の詩が、とても繊細かつ美しく綴られています。 それにしても、これほど透明感のある純粋無垢な物語がありましょうか。ラスト、声に出さずに涙が一筋頬を流れて
うちふじ
孤独な老齢の男性と、やはり孤独な少年の交流を描いた作品です。親しくなるにつれて生き生きとしていく二人の姿や、悲しいはずのラストにも希望が感じられ、爽やかな読後感を得ることができます。心のビタミン剤みた
うちふじ
なんで、もっと早く読まなかったんだろう・・・と後悔してしまったほど、大好きな作品です。人間に蔑まれながらも、温かく純粋な心を失うことなく、力強く生きている主人公の姿には、つい涙ぐんでしまいます。まだ読