小説 読書中です。
0PV

作品 30作品

以前、開かずの踏切に阻まれたことがある。その踏切は高架工事でなくなったけど、30分近く行ったり来たり、どんどん増える人も車も殺気立つ雰囲気もあるけれど、運が悪かったんだなーと思う気持ちもあるので、この

この作品は非公開になりました