チャゲ&ブツ

どうも、チャゲ&ブツです(^.^) 遅くなりましたが、宣言通り恐れながらもレビューさせて頂きます。 まず作家さんになりたいという事なので基本的な指摘をします。 まず、会話文、つまり「」内での文終わりには句読点は必要ありません。場面によってわざと付ける作家さんも居ますが、それは何らかの意図と場面があります。 そして次に、『彼』という言葉の多用。 このお話は見た限り三人称視点での進行だと思われるのですが、『彼』という二人称の呼称を多用されていて誰が誰だか混乱するシーンが所々見受けられました。(『彼』の呼称を使うこと自体は宜しいのですが、使う場面、そして流れを掴むことが大事です) 最後に、記憶を失くした主人公があまりにも淡白としすぎ、楽観すぎるという点。 記憶を消された、記憶がない。つまりそれは『自分が今までどのように生きてきたのか』というものが不明になり、また自分自身の存在がウヤムヤになるはずです。 それはとても怖く、不安なものではないでしょうか? そういった葛藤が何一つなく、むしろ受容している姿には違和感を感じました。 とまぁ、少し問題点ばかり指摘しましたが、お話自体は王道モノであり、私が好むものでした。戦闘シーンもとても良いものでしたよ!(^_^) 今後の更新と成長を期待しておきます♪ あ、ちゃんとしおりも挟んどきましたので、また見にきますね! では、失礼しました(⌒‐⌒)
・1件
レビューありがとうございます! これは……癖なんですよね~(笑) 最初のほうはとくに『彼は』『彼が』という言葉を使っていましたね…編集頑張ります! あぁ~なるほど。数少ないご意見ありがとうございます。 最後にもう一度レビュー&応援ありがとうございました!

/1ページ

1件