ようこ

こんな深い深い闇をどうして…。嗚咽に何度読み進められなくなったことでしょう。この痛みも、冬馬やみんなの痛みも物語が終わるころには、浄化に向かい光があることを願います。どんな言葉も安っぽくなってしまう気がするけれど、魂を揺さぶる作品をありがとうございます。

この投稿に対するコメントはありません