星奈

刹那とは一瞬のことですが、それが連続的につながると、人(ひと)の生になります。 このお話には忘れられない刹那(瞬間)を求め、感じ取ることができた二人が、 結果的にはそれを元によりよい”生”へと導かれていく、、、 そういう真摯なテーマが感じられます。 それでいてけっして内容的に難しくなったり理屈っぽくならず、 読み物として魅力的なところが、 桜柚姫さんの描写力のなせる技でしょう。 特筆すべきは、二人の関係性の描き方。 ”触れる”というのが キーワードのひとつだと思うのですが、 具体的な行為をほとんど書かないのに、ここまである意味エロチックに 男と女の情念というものを描けるのだなあと感嘆しました。 他の方のコメントにもありますが、ぜひ映像的にも見てみたいと思わせます。 素敵な作品をありがとうございました。^^
spetersさん、この度は最後までお付き合い頂きありがとうございました! こんな素敵なレビュー、頂いてしまっていいのでしょうか? 自分の作品について書かれたことなのかと疑ってしまいそうな程のすごいレ
そうですね、エロチックという表現が最適だったかわからないのですが、 肉体的なソレよりむしろ精神的なそれを感じました。 、、、触れるか触れないかという行為や関係性の中などに。 とにかく、表現として秀逸で

/1ページ

1件