大変お待たせしてすみません! ㊤を読了しきましたので、それを踏まえてのレビューとなります。 ㊤に続き人間関係が素晴らしいです。 登場人物個人個人の心理が丁寧に描写されていて、感情移入しやすいです。 これから、彼等がどんな心情の変化を遂げるのかも楽しみになりますね。 個人的に四季と四月の兄弟がお気に入りです。なんでしょう、この親近感(笑) ただ、嗣人の謎に迫るという点ではミステリアスさに欠けているかな、と感じました。 恐らく、嗣人視点で物語が展開してしまっているのが大きな原因かと。 嗣人本人の視点で描かれていることにより、読者に嗣人と言う人物像の情報量が多く伝わります。 過去や抱えているものに関しては明確にせず濁していますが、『恐らくこうなんだろうな』と言う予想が立てやすくなってしまっています。 第二章の終わり、四季の『そもそも嗣人くんは、人なのだろうか』という絞めで嗣人の謎っぽさがぐっと増したんですが、次の章で嗣人視点に切り替わりそれが半減してしまいました。 学園恋愛ものとして読むのなら、かなりの良作です。 が、ミステリアスさを重視するのであれば、暫くは四季視点で進めたほうが良いかと思います。 と、自分のことはそっちのけで煩く言ってしまいましたが、BL学園ものとして読めば本当に面白い作品だと思います。 どうして彼らにそんな特異性が備わっているのかも気になります。 長々とすみません; 少しでも役に立てたのならこれ幸いです! ではでは、更新頑張ってくださいね!
・2件
レビューありがとうございます! ミステリーさに欠けてるというのは、前にも誰かに指摘を受けまして、ジャンル変更を考えていたんです。 実は公開してないだけで、7話まで話が出来てて、修正は億劫なので、
1件
いえいえ! レビュー下手なものでちょっと不安になりながら書いておりました≧≦ 特異性だとか普通の学園物じゃないところでまた楽しめる作品ですね! やっぱり兄弟やら双子は良いですね~´∀` 四季と四月も

/1ページ

1件