透明感のある美しい筆致に引き込まれて、一気に読みました。 清花と宗太郎の、絶望的なまでのお互いへの想いが、胸に押し寄せてきて涙が止まりませんでした。 ラストは、こうあってほしいと思っていたので、ホッとしました。 素敵な作品をありがとうございました(o^-^o)
3件

この投稿に対するコメントはありません