なお

【なおくんの憂鬱 解決編】 や…やばい…! ベッドの上はエラい惨状だし、あまつさえそれらをナンとかごまかしてもパンツすらはいてない…! …はっ!! ベッド!! そう! ベッドがあるということは、必然的におふとんもある!! ぽくは光りの速さでベッドにダイブすると、そのまま足元あたりに丸まっていたおふとんを、光りの速さで自分もろとも数々のエロコレクションにかけた。 (この間0.5秒) バンッ!! 「オラなおー! このキラ子様がわざわざ遊びにきてやったぞー!」 「ゲフン!!ゲフン!!ゲフン!!ゲフン!!」 そして犬がごはんを食べてむせるような声で咳き込む。 「な…なんだなんだなんだなんだ…? どうしたどうしたどうしたどうした…?」 不意をうたれた彼女が、入り口のドアを開けたまま立ち止まる。 同時におふとんの中から『イヤ~ン』という声が漏れてきたのに合わせてぽくは言った。 「い、インフルでシヌー!!インフルにヌッコロされるー!!」 「な、なぬっ!?…インフル!?」 彼女が一歩ひいたところで、トドメと言わんばかりに例の犬がむせるようなセキを繰り返す。 「ゲーフ!!ゲーフゲーフ!!ゲーフゲフゲフゲーフ!!」 「ちくしょー! もしもあたしにインフルなんかうつしたら、にんじゃりばんばんの曲にのせてビンタするからなー!みぞおちを! 覚えてろよー!」 バタンッ!! ドタドタドタドタッ! 「ゲフン!!ゲフゲフン!ゲフ…。 …よしっ、狙い通り……! 犬のむせる声とインフルに、勝てる者なし……!」 …こうしてとっさの機転で、ぽくと愛する物達は救われたのであった…。 ~fin~ …はい。(´д`;) というわけで、誠にどうしようもないオチで、誠に申し訳ございませんでした…。_| ̄|○←土下座 このネタは、ぽくがインフルにかかった途端、周りに誰も近寄らなくなったことをヒントに考えました…。誠に申し訳ございませんでした…。_| ̄|○ 正解者の発表などは、後日改めて行わせていただきます、誠に申し訳ございませんでした…。_| ̄|○_ジュー←焼き土下座
1件・7件
インフル最強伝説! うん、インフルは辛いよね。 人生で1度だけかかった事があるけれど、いい大人が本気で辛くて半泣きで母親に病院へ連れていってもらったよ(T-T) そこからアイデアを頂くとは、転んでもタダでは起きないってヤツだね(^o^)b
利根川さんっ! いつも参加出来ずにはすんません、利根川さん(笑) にんじゃりバンバンで吹きました、なおさん面白いっす(笑) 次は参加するぞ!
1件
恋して(ビンタみぞおちに二発)にんじゃり(ビンタみぞおちに一発)ばん!ばん!(強烈なビンタみぞおちと脳天に一発ずつ) …というわけで、もしよかっからだけど参加してくんろ♪(*´∀`)
1件
あら、なおちんインフルだったの? お疲れさーん(-_-;) うちも周りでインフルがすんごいことになってて、大変だったよ2月… でも私はピンピンしてたんだけどね♪ あーあ、答えは絶対焼き土下座だと思ったのになぁ。変ねぇ?
1件
焼き肉土下座は近所のスタミナ太郎にいかないと出来ないですから!ww そして驚異のインフル耐性…!(゚Д゚;) あれはかからんほうがよかですばい桜ちん…。(ノД`)
予想外の展開でした^^
1件
これは完全にこちら側の不手際でした…。_| ̄|○ 誠に申し訳ございませんでした…。_| ̄|○ だがしかし! 今回のは福ぽけさんもきっと大好きな系統の話しだじぇい!(*`ω´*)

/1ページ

4件