仙 冬可

このあと、一体どうなるの? というのも気になりますが、彼はどんな表情をしてたんでしょうか。泣き笑い? 香り高い文章にフワフワ包まれているようでした。 脳が感じるエロスです(*´ω`*) ※個人の感想です。 あからさまな行為よりも、心の葛藤が『禁断の』恋愛には必須だと思います。 想像上だけですがヽ(*´з`*)ノ なので、個人的にとても好きなストーリーでした。
1件・1件
仙冬可さん 拙作へのご高覧及びレビューどうもありがとうございます。 こんなに高い評価で恐縮です。 本作は「小風景の画家」のスピンオフというか、「幼い妹のマリアがいない世界のマルタと神父」という、パラレルワールド的な想定で書き出しました。 神父ことカトリックの司祭は現在でも妻帯や女性との性関係を禁じられていますが、 本作は社会における性道徳そのものが今よりはるかに厳しい時代のお話です。 この時代に、神父が女性と通じたと露見すれば、双方が死刑になる可能性も十分に有り得ますし、そうでなくとも、社会的には厳しい制裁が待ち受けています (本作は16世紀のベルギーが舞台ですが、同時代のフランスで書
1件

/1ページ

1件