舞衣

×街は、作者さんの他作品を読みあさってから読むと、随所に他の物語のネタが散りばめてあって「ムホッ!」となります。 それとは別に、×街オリジナルの世界観も魅力的で良かったです。 物語の前半はテンポが早すぎるくらいで、グイグイと×街に引き込まれていきました。 途中、メインが誰なのか分からなくなるような展開にはさすがに「ムホッ!」でした。 ラストはハッピーエンドかバッドエンドか…、個人的にはそれはどちらでも良くて、そこに至るまでの謎と意外性が楽しかったです。 ジャンルに関してはホラーではなくて、もっと上のエンターテイメント作品かな、と思います。
2件

この投稿に対するコメントはありません