JUJU

ドキドキしながら読み進めていきました。 あぁ、この文章が好きだなー。なんて思いながら(笑) この小説に出会えてよかったです。 ありがとうございました。

この投稿に対するコメントはありません