やるら(仮)

せっかく読まさせて頂いたので僭越ながらアドバイス的な物を書かさせて頂きます! まずこの作品をさらに良くするために必要だと思ったのは地の文のさらなる膨らみです。主人公の第一人称が淡々と進んでいくので物語がどこか淡白に進んでいく印象を受けました。 ですので、主人公の心象や風景描写をもっと入れてゆったりと物語を進めていくことを意識すると良いのではないでしょうか。せっかく面白いキャラを何人も作られているのですからあっさりと進めてしまうのは勿体無いです。 キャラクターの掘り下げも大事ですね。台詞だけでなく、キャラの何気ない仕草や表情の機微、それらを風景描写と合わせて描き出すことでよりキャラの個性が発揮されると思います! これはプロの作家さんなら皆様やってらっしゃるので意識して読んでパクるといいかと思います。 しかしページをめくるたびどんどん文章力がレベルアップされているのを感じました。この作品がどういった結末を迎えるのか楽しみです。ちなみに個人的に菜月ちゃんと主人公がぶつかって素で慰謝料を払おうとする善一くんがツボでしたwww 長々とすいません! これからも頑張って下さい、応援してます(*'▽'*)♪
5件

この投稿に対するコメントはありません