心に、じんわりとくる作品です。 目立つような展開も 好みの主役も出ませんが、 それ故に作者が言いたいことが 直接心に響いてくるようです。 素直な作風は ゆっくり味わう事をお勧めします。

この投稿に対するコメントはありません