幾多圧軋

イベントにご参加いただきありがとうございます。 参考にしたいので具体的に、とのことでしたが、特に指摘する点は見付かりませんでした。 【アストンプ】の少年たちの決死の脱出から、初めて訪れた町での『チップ』絡みの騒動、突き付けられる現実、そして、自分達が暮らしていた村が終わる絶望感。 一息に読ませていただきました。テンポがよく情景、心理描写も丁寧で、中編小説とは思えない読みごたえがありました。 二部、七年後の物語がどのように展開されていくのかも期待しています。とても楽しませていただきました。
1件

この投稿に対するコメントはありません