京杜(ケイト)

完結おめでとうございます 途中いろんなアクシデントがあるなかで、一つの作品を完結までに仕上げるのは大変だったと思います。 きんぎょ~のイメージが強い著者ですが この作品はライトな感覚で楽しんで読めました。 読み終えて 残った小さな疑問 中心的人物の徹は、あのタイミングのなか、どうして一人だけ戻れたのか? その辺りをもう少し掘り下げて欲しかったかなと、個人的な思い入れがありました。 本当にお疲れさまでした。
2件・1件
レビューありがとうございます。嬉しかったですo(^▽^)o そうですよね ラスト一週間でガラケーで約100ページ。 もうめちゃくちゃ必死にかいたんですが 間に合わなくて 書き足りなかったんです。ここまで完結にこだわる必要あるのか悩んだんですが、 まさに徹をもっと書きたかったって 後悔してるんです>_< 取り敢えず こそこそ書き直しと書き足しするつもりです(`_´)ゞアドバイスありがとうございます。本当に嬉しいレビュー ありがとうございます。

/1ページ

1件