シグらん

まさか、すべての特典を読んでも花岡和馬のことが何もわからないとは思いませんでした。 携帯小説として軽く読み流すべきなのかもしれませんが、どうにもしっくり来ません。 すいません。

この投稿に対するコメントはありません