たぬ美

  「もし、この世界でゲームの魔法が使えたなら」 「もし、ゲームから魔王が飛び出してきたなら」 そんな妄想をしたことはございますか? 私も「ルーラならコッソリ使いたいなあ。ザオリクとか使えたら拉致られそう」「魔王とアメリカ軍ならどっちが勝つんだろうねえ」ぐらいなら、アホ面しながら考えたことはございます。 そんな誰もが浸りそうな妄想。それを「一般人が魔法を使えるようになったときに現実社会で起こり得る問題とは」「もし魔王が現れたら、いかなる手段を用いて社会に入りこみ、世界をせしめようと考えるのか」とまでバカ真面目に考察して作り上げた。 そんなバカ真面目な小説がございます。 そう、それがこの『ペッパーズクエスト』です。 こう大仰な言い方をしますと「これは相当にお堅い社会派小説なんだろうなあ」と思われるかもしれません。 けど、作品説明の文字通り、いや、それ以上に、序盤は本当にふざけています。主人公ペッパーズの仲間たちはライトノベル以上に個性的にふざけています。それ以上にTシャツジーンズ姿の魔王は威厳の欠片もなくふざけています。小ネタの嵐に笑い疲れながら、天然のマヌケな魔王に愛着まで覚えてきたとき、既に読者は魔王の毒牙にかかっているも同然です。 この話のギャグコメディとしての面を愛したほどに、物語が訴える真の意味を知ったときの感慨は深いかと思います。 ネタバレマークを乗り越えてきた未読の方もどうぞ最初から読んでみてください。鮫島せゐむさんの渾身の力作・ペッパーズクエスト。自信を持ってオススメします。  
3件・3件
たぬ美氏!(ノ;∀;)ノ 嬉しいレビューありがとうございます! そして夜分に失礼しますm(;_ _)m あぁ、こんなにも深く理解してくれて、尚且つ未読の人にまでこんなに的確にアピールしてくれるなんて……。 今までにそんな方がいただろうか(*ノω;) う、嬉し過ぎる……_(;q 」∠)_ そうです、ばか真面目です(*・ω・) というか、そこは作風というよりも作者そのものの性格です(;・∀・)ゞ恥ずかしながら でもおいらにとってはそれが褒め言葉ですわ(*・ω・)ノ✨ 最初から最後まで丁寧に読んでくださり、ありがとうございますm(*_ _)m 最後のページにいただいたコメントもとても嬉し
2件
鮫ちゃん、お疲れ様ですわー(・Θ・川) ああ、良かった良かったぬー。。。こんなレビューでちゃんとペパクエの魅力を十分に伝えきれてるのかしらん、そもそも解釈は合ってるのかしらん、とか少し不安でしたのよねたぬー。でもそこまで喜んで貰えると逆に恐縮ですわたぬー(・Θ・川)← いえいえ、こちらこそ素敵な読書をさせて頂き有難うございました。感想は全てありのままに述べさせて頂きましたし、もちろんバカ真面目の言葉もたぬ美にとっても最高の誉め言葉として使わせて頂いたつもりですわたぬー(川・Θ・)b けどなんだか特典カセット貰ってホクホクして、続きを読むのをウキウキしていた時期が名残惜しいですわねたぬー
1件1件

/1ページ

1件