「やさしい時間」と名打たれているだけあって、全体的に温かく、やさしさと愛に溢れていて、読み終わった今、あったかな毛布に包まれているような幸せ感で胸がいっぱいです。  衝撃的な出会いをした二人が、何気ない日常描写を重ねてゆくことで惹かれあう恋の物語でありながら、ひとりの青年の喪失と再生を細やかな描写で描き出す、秀逸な成長物語でもあると感じました。  真島さんと出会うことでクロくんがきちんと自分の足で立ち、自らの意思で進むべき道を選んだ。  彼が自分の居場所を見つけることができたことが、本当にうれしいです。  クロくんのしあわせが永遠につづきますように。  いつかまた二人の愛に溢れた日常を拝見できる日がくることを、楽しみにしています!
3件・1件
かなれさん、ダンプとカラス、最後までお読みくださり、また、素敵なレビューをありがとうございました。 いつも悩んで納得いくものが出来るまで書くのを止めるか、とりあえず書いてしまって後から修正するか迷いますが、多分自分は後者の方がうまくいくような気がします。。 今回も短編にしては長すぎ、読み切りにしては少し物足りない仕上がりになってしまったかなあと、ちょっと反省しています。 ですがまた、いろいろ磨いて新しい話にも生かせればいいなと思っていますので、よろしくお願いします!

/1ページ

1件