日々の更新が楽しみでなりませんでした。 終わってしまった今、極上の映画を見終えたあとのように、ボーっとエンドロールを眺め続けている気分です。 (頭の中は、まだ、彼らが働き、暮らすビルのなかです。 ハラハラするような事件を扱いながらも根底に流れるあったかさは健在で いままでの作品以上にコミカルな要素も多く、エンタメ要素も満載、純粋に探偵小説として読んでも楽しかったです。 でも、なにより秀逸なのは主人公の伍紀くんが自分の恋情を自覚して以降の、せつなく細やかな心理描写……! 真琴さんのすてきさと相まって、今回のカップルも心から応援したくなる、だいすきな二人になりました。 脇キャラもみんな個性的で、いつかスピンオフも読ませていただけるんじゃないかなーとワクワクしてます。 またいつか彼らの活躍を拝見できる日を、楽しみにしていますっ。 すてきな物語を、ありがとうございました!!
かなれさん、素敵なレビューをありがとうございました。 そしておかえりなさい!! ゲッキンはまだまだ「ああすればよかったなあ」と思うような箇所が多い話なのですが、更新中からおつきあい下さり、とてもう

/1ページ

1件