「カモカのオッチャン」ばりのこわ~い発想。  これは、人間心理を鋭く観察した、筆者の洞察力から来るのだろう。  最近、ショートストーリーを、たまにしか読まなくなった。  だが、どんなに短くても、これほど、人の心理を、コワイモノへ追い込む文章はないように思う。  それだけ、恐怖への描写が難しいということなのだろう。なのに、筆者は、魔物というか得体の知れぬものの描写が、実に巧みだ。  受賞する前に読んで。レビューすべきだったと後悔している。
・1件
牧太さん、レビューありがとうございます。 まさか、こんな拙作に田辺聖子がぶっこまれてくるとは……。 その博識さに圧倒されます。 恐怖への描写。 これは私の生涯のテーマかなぁと思っていることなので、その点においての評価を頂けたこと。 とても嬉しく思います。 ホラーやSF。 心理やお笑い。 色々な方向から恐怖へのアプローチが出来たらないいなぁと新たなる目標も出来ました。 ありがとうございます。

/1ページ

1件