OKKUN

現在一人暮らし。スーパーのお弁当を買い、ある時はレトルト食品を買い、そしてそれらを一人黙々と食らう。ウマイ!確かに今の市販品はウマイ。だが、なにかしら違う。好きな食べ物は?と問われたら迷わず答えるのが、『炒り卵』。それも子どもの頃、お弁当のごはんの上に乗っかっていた、少し甘いそして、出汁のきいた炒り卵。帰省のときには、必ずといっていいくらい、母にリクエストしていた。        今、その母も認知症。もうあの味は口にすることはできないのか。          お弁当というごくありふれたテーマでありながら、自分の原風景を思い出させてくれた、優しくも切ない、そして少しほろ苦いスパイスがきいた作品に出会えました。ありがとうごさいます。
3件・1件
OKKUNさん、数ある作品の中からわざわざこの作品を読んで下さり、ありがとうございます。また、返信が遅くなってしまい大変申し訳ございません。ちなみにコメントを頂くのは初めてで、今パソコンの前に居ながら

/1ページ

1件