ゆう

拝読しました 情け無くも感想が書けません 私自身現在進行形で難病と向き合っていて、闘病仲間を何人か見送り、自身の覚悟もまだ定まっていません 今… 彼女の存在はご家族や作者様の支えになっているでしょうか 彼女の生きた証が皆様の悲しみではなく支えとなっていることを願いつつ、心よりご冥福をお祈り致します

この投稿に対するコメントはありません