こういう作品、私好きです。 共感できるところや なにか感じるという部分で 影響力があって。 久しぶりに 以前、私もこういう雰囲気のものを 書いていたことを思い出しました。

この投稿に対するコメントはありません