藤白 圭

なごり雪というタイトル通り、切ないストーリー。 ずっと近くに居たからこそ、その想いが報われた後も、彼の気持ちが一番に分かってしまう不憫さ。 そして、主人公の凛とした姿に心打たれました。 失恋はしてしまったけど、それが雪のようにいつか溶けて、やがて新しい春が来るよう祈りたいです。 素敵な作品。 ありがとうございます。
1件

この投稿に対するコメントはありません