逢沢 奏

作品を拝読しました。 他の方もおっしゃっていますが、顔文字や絵文字をたくさん使う作品は初めて読んだので新鮮な気持ちになりました。 一行の文字数を控えめにされた文体と相俟って独特な軽妙さを感じました。

この投稿に対するコメントはありません