菊地保尚

三国志IFものは――特にこの作品については賛否分かれる設定であるかと思いますが、それを払拭させるだけの面白さ。 それがこの作品には確かにあります。 様々な要素を盛り込んでそれを昇華させるエンターテイメント性。 歴史物は基本的に史実に準じて書かれる方多いですが、この作品については時に完全にオリジナルの時もあります。 そこがまたこの作品の魅力の一つとなっております。 三国志物が好きな方にはお勧めです。 時間を忘れる作品となっております。 これからも執筆頑張ってください。 それでは失礼致します。
7件

この投稿に対するコメントはありません