五丁目光佑

桜には情が似合う。 この作品には美しい情景があり、日本的な情緒がある。いずれも古桜を際立たせている。 その古桜の下で打ち明けられる、夫殺し。命を奪ったのは、桜餅。しかしその犯行も、愛情ゆえに。 老女の命は散り、その代わりに綻ぶ蕾。やがて古桜は咲き誇るだろう。 桜の美しさとは何か。そんなことさえ問いかけて来る、実に抒情的な作品です。
2件・1件
五丁目さん、叙情的なレビューありがとうございます。 老女が主役なので、ぜんぜんククノらしくない物語でしたね。 永遠の命を古桜に託し、生と死それに独居老人というテーマに想いを込めました。 読み解いてくれて、作者冥利に尽きます(ΦωΦ)

/1ページ

1件