たける

読み終わると虚無感に包まれ、何とも言い表せない気持ちになる作品でした。 田中という1人の人間の成長を描いた作品です。 人と出会い、悩み、悲しみ、 人生の楽しみ、喜び、悲しみ、儚さ。とても多くの事を学べたと思える作品でした。 終盤の設定は頭の中でこうだろうと想像はしており、心を構えていたのですが、 いざ読むと泣き過ぎて文字が見えません(笑) とても深い愛情に触れた気持ちになり、とても深い虚無感に包まれました。 とても悲しい、切ない。でもまたふと読みたくなるだろうと思える作品に出会える事が出来てとても嬉しいです。 作者様、また心の洗われるような作品をお待ちしておりますm(_ _)m
3件

この投稿に対するコメントはありません