東本良英

なんなんだろう……この見事な語り口。 未琴さんが男で、時代が時代なら、落語家として古今亭志ん生超えてんじゃねえかってぐらい。 頭の中の言語中枢が、八極拳の達人の殺戮技術かってぐらいバキバキに発達しているのが伝わってきます。 努力だけじゃ超えられない壁ってあるんやなって、未琴さんの文体を見ると毎回思う。 生まれながらのセンスと、研鑽が作り出した、芸術の領域に突入した文章がこれです。
1件・2件

この投稿に対するコメントはありません