きんにく松

少年の成長物語に涙です。 自分の存在の悩み、家族の形と憧れ。 三人三様の依存と執着の中にある愛! 切なくて苦しくて、でも底にある優しい物語に 胸がギューとなります。 素晴らしい作品が読めて幸せでした。
きんにく松さま。 お読みくださってありがとうございます! 結ばれないハッピーエンドで(ハピエンと言い切りたい)、なかなか受け入れられにくいだろう作品に、うれしいお言葉をいただけて、驚きとともにあり

/1ページ

1件