五丁目光佑

いろんなメロディが頭の中に流れる。キラキラしたメロディだったり、さだまさしだったり、甘いピアノのフレーズだったり…… 読む場所を選ばなくてはいけない。ケーキ屋さんやカフェが近くにあろうものなら、読んでる途中からでも飛び込みたくなる。 甘くて、笑える、それでもってとってもおしゃれな作品。 この作者の気さくな人柄が出てるんだろうなあ。とても好感の持てる作品だ。 でも、ダイエット中の人には要注意の作品だよ(T . T)
1件

この投稿に対するコメントはありません